<< 第一回 法事ツーリング >> 1日目

山 本 商 店 の 天 才 メ カ ニ ッ ク う っ ち ー さ ん が 、 島 根 へ 法 事 に 帰 る と の 事 。

ど う な っ て し まう か、わ か ら な い ま ま 、 な ぜ か 私 達 も 島 根 へ ・ ・ ・。

し か も バ イ ク で ・ ・ ・ ・。

一 体 ど う な っ て し ま う の だ ろ う ・ ・ ・。







早 朝 出 発 、 み ん な 忘 れ 物 は 大 丈 夫 ? 

え っ? な に ? 

一 人 は 午 前 中 し ご と ?

あ と か ら 出 遅 れ て 一 人 、 追 っ か け て く る 事 に な り ま し た 。











と う と う 出 発 し ち ゃ っ た よ ぉ 〜 

と り あ え ず お 天 気 も い い し 、
今 の と こ ろ 快 適 ♪

の は ず だ っ た の に ・ ・ ・ ・ ・






サ ー ビ ス エ リ ア で の ん 気 に 休 憩 し て た ら 、 う っ ち ぃ 〜 号 の リ ヤ タ イ ヤ に 新 し い ミ ゾ を 発 見 !

な ん だ こ り ゃ 〜 〜 〜?

解 体 の 結 果 、 車 高 を お と し す ぎ て 内 部 の 何 か に擦 れ て タ イ ヤ が 削 り と ら れ て い る よ う な ん で す !

ガ ビ 〜 ン (T0T)

し っ 、 し か も ぉ 〜 〜 !  テ ー ル ラ ン プ の 配 線 も 断 線 し て い る み た い! ! 

と り あ え ず 応 急 処 置 !

し ば ら く 走 っ て 先 に 進 む こ と に し ま し た 。










ん っ ?

今 度 は 、 私 の 前 を 走 っ て い る 山 本 号 の ウ イ ン カ ー の 具 合 が 悪 い の を 発 見 !

高 速 の 上 で ウ イ ン カ ー が 出 た り 、 ハ ザ ー ド に な っ た り ・ ・ ・ ・ ・

一 体 な ん な ん だ ぁ ? 

後 を 着 い て 行 く 私 達 は 山 本 号 を 不 安 に 思 っ た 。











次 に 止 ま っ た サ ー ビ ス エ リ ア で 故 障 を 告 げ 、

こ れ か ら し ば ら く 一 般 国 道 を 走 る 為 、 山 本 社 長 は 、 手 信 号 に せ ざ る お えな く な り ま し た 。 

う ぇ 〜 〜 ( > 0 < )






そ し て 傷 だ ら け の タ イ ヤ で 一 緒 に 走 っ て き た ウ ッ チ ー さ ん で す が 、

法 事 の 為 に こ こ で お 別 れ す る 事 に な っ た の で、改 め て 再 補 強 再 補 修 を し な お し ま し た 。

ウ ッ チ ー さ ん 、こ こ か ら は 一 人 に な っ ち ゃ う の で 、特 に 安 全 運 転 し て く だ さ い ね ぇ 〜 さ よ う な ら 〜 ♪


そして、私 達 は 宿 に 向 け て 走 り だ し ま し た 。















山本商店



伊勢湾岸



東名阪



名神



中国道



米子道



米子バイパス



安来道



松江道



山陰道



一般国道



出雲大社


出 発 か ら 約 9 時 間 か け て 宿 に 到 着 !

ふ ぅ ぅ 〜 〜 お つ か れ さ ま で し た ぁ 〜 ♪

早 く 部 屋 で く つ ろ ぎ た い よ ぉ 〜 。








宿 の 方 が 山 本 号 の 事 を 心 配 し て く だ さ り 、 近 く の ハ ー レ ー シ ョ ッ プ を 紹 介 し て く だ さ っ た 。

よ し 、 明 日 、 行 っ て み よ ぉ 〜 !












飯 前 に 携 帯 が 鳴 り ま し た 。

も 、 も し や ・ ・ ・ ・ 。

多 分 、 み ん な の 思 い は 一 緒 だ っ た は ず 。

約 一 名 出 遅 れ て い る バ イ ク の
ア ク シ デ ン ト じ ゃ な き ゃ い い け ど ・ ・ ・ ?

頼 む ! 無 事 に 頑 張 っ て 走 っ て く れ !

と 、 願 っ て は い た も の の ・ ・ ・ ・

「 バ イ ク 、 止 ま り ま し た


心 配 し てい た 事 が 現 実 と な っ て し ま う 一 報 で し た 。

ガ ビ ィ 〜 ン ( T 0 T )

J A F を 呼 ん で バ イ ク を 引 き 上 げ て も ら う 事 に し 、

本 人 は 、 法 事 の 為 に 田 舎 へ と 途 中 で 別 れ た ウ ッ チ ー さ ん に お 迎 え に き て も ら う 事 に な っ た よ う で す 。







約 一 名 、 ま だ 到 着 し て い ま せ ん が 、 お 先 に い た だ く 事 に し ま し た 。

わ ぁ 〜 い 、 い た だ き ま ぁ 〜 す ( ^ 0 ^ )






楽 し い 食 事 が 終 わ り 、 満 腹 な 私 た ち は 部 屋 に 戻 る 事 に ・ ・ ・ 。

約 一 名 は 、 ま だ 到 着 な ら ず ・ ・ ・ 。

食 事 は 、 部 屋 へ と 持 ち 込 ま れ ま し た 。







私 達 が う と う と し 始 め た 頃 、電 話 が 鳴 り ま し た 。


「 宿 に 到 着 し ま し た 」

お ぉ ぉ ぉ 〜 や っ と き た か !

玄 関 ま で お 迎 え に 行 き ま し た 。

「 石 川 さ ん 、 お つ か れ さ ま ぁ 〜 ♪ 」

宿 ま で 石 川 さ ん を 車 で 乗せ て き て く れ た ウ ッ チ ー さ ん と 再 び お 別 れ を し ま し た 。

部 屋 に 戻 り 、石 川 さ ん は 冷 た く な っ た 食 事 を 摂 り な が ら 珍 道 中 を 話 し て く れ ま し た 。

「 寒 く 暗 い 中 一 人 で 寂 し か っ た よ 〜 」 だ っ て (笑)

そ し て 、一 段 落 し て か ら 布 団 に 入 り 床 に つ き ま し た 。

おやすみなさぁ〜い

ガ ァ 〜 〜 〜 ゴ ォ ォ ォ ォ 〜 〜 〜









朝 方 、な お ち ゃ ん は 見 て し ま い ま し た 。

石 川 さ ん が、 隣 で 寝 て い る 、ゆ う す け 君 に 寄 り 添 っ て 寝 て い る 姿 を !

バ イ ク
が 故 障 し て 、道 中 暗 い 中 、一 人 で J A F を 待 っ て い た の が 、 さ ぞ か し 寂 し か っ た の で し ょ う ・ ・ ・ ・ 。

き っ と 、人 肌 恋 し か っ た の で す ね 。

石 川 さ ん、 次 か ら 、 お 人 形 を 持 っ て き て ね !



(
画 像 は 本 人 の 名 誉 の 為 、 控 え さ せ て い た だ き ま す 。 笑 )







2日目へ →



バック